足のシビレで漢方サポート外来受診

昨日の続き。

歯科が4時前に終わり
次は漢方サポート外来。

ドセの副作用の足のシビレがまだ残っていて
化学療法科でいただいたリリカが合わずに
「もうろう感とめまい」が
案の定出ちゃった私。

そのことを
主治医M先生に愚痴りながら
「先生、漢方科にかかりたいんです、
漢方だったら私、大丈夫そうなんです」っとお願い。

M先生、
「うーん、漢方科ね
すごーく待たされるけど
あなたの場合、
今までの薬でことごとく副作用出てるからねー」といいながら
紹介状を書いて予約を入れてくださいました。
(自分で予約入れようとしたら
主治医を通してと言われていました。)

18日の歯科が終わったあと
漢方の先生の診察進行具合の表が外来受付にあるのを
見ると私の番はまだ1時間はありそう。

苦手の歯医者も良い感じに終わり
気持ちも楽になって
お腹もすいてきて
フラフラと病院内をうろつく私。

病院内レストランのメニュー。
いままでじっくり見たこと無いけど。
あれ?
パフェもあるんだー・・と。
昼ごはんも食べたのに
思わず、入りそうになったとき
意外に早い呼び出し音がPHSから。

はっと我に返る私。

212

中待合でしばし、待つ。

そして案外に早く診察室へ。

先生が最近出された本。
がん研内のコンビニで見つけて
最後の抗がん剤の日に買っていました。

なんかーすごい題名ですな・・・

214

中の目次には
様々ながんで化学療法が受けられなくなった方への
漢方での対応のほかにも、
「抗がん剤の副作用や後遺症」があり
その中には私の「指先、足先のしびれ」に対しての
漢方の治療のもあり、
そして私の生後3ヶ月からのアトピーの改善などもあり。

そして、ホルモン剤でのホットフラッシュに対しての
漢方対策もあり。

かなり興味深い内容でした。

漢方サポート外来の先生はお一人で
受診する患者さんは多く
やはりどうしても待ち時間は長くなるようでした。

でも、今まで
漢方の先生に診てもらった事ない私は興味津々。

先生はかなり面白い。
でも几帳面なまじめな感じ。
一生懸命私の話をPCに入力。
アトピーの話も抗がん剤の副作用の話も聞いてくださりました。

診察台でお腹を出して触診。
押したり、たたいたり。
足先、指先の温度。
舌の状態。
脈。

その間、先生が色々と一人で
しゃべられてるんですよ。
最初、いちいち返事してた私。
違った!
先生。これかな、あれかな
こうだ、そうだ、これだ。みたいな感じで
独り言で考えられてるみたいでした。

そして私は自分が暑がりで困る体質なので
まさかと思いましたが
手やら足やらの冷えが強い。
温めなきゃいけないらしいです。

まず、今一番強く残ってる足のシビレや重さ、の
対策をまず考えましょう。

そして、もしホットフラッシュが出るようなら
それに対応していきましょう。

(私はどういうわけか更年期障害も無かったせいか?
まだホットフラッシュらしき症状が出ていません。
関節痛もなし)

そして長年のアトピーに対しては
今はまだ抗がん剤時のステロイドで
症状がおさまってるので
抜けたときの症状など
様子を見ながら治療していきましょう。

との話になりました。

203

お薬。
1日3回食前に飲むのが3種類。

補中益気湯エキス顆粒
牛車腎気丸エキス顆粒
ブシ末

204

コップ半分のお湯に入れて5分おく。
との飲み方を先生に言われました。

206

これは寝る前に2包飲みます。

桂枝茯苓丸エキス顆粒

これもお湯に溶かして飲んでいます。

(先生の考え方は
体を元気にするためには
温める!なので
お湯に溶かすのかな?
今度聞いてきます。)

院内ではなく駅前薬局での処方になり、
薬剤師さんとお話したのですが
飲みにくくて挫折する人がいる
お湯に溶かすともっと飲みにくい、とかの
お話ありましたが
私は平気みたいです。

確かに美味しくは無いけども、
風邪引いたとき、
葛根湯を水無しで飲んでたので
そんな感じの味ですね。

漢方はゆるゆると効果が出てくるらしいので
のんびりいきます!

とにかく、
抗がん剤副作用?後遺症に関して
今後、いろいろと相談できる道筋が出来たのが
安心!

いろんな面での悩みが
少しずつ解決されて
元気になっていく私でございます。

————————-

よろしかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 乳がん