胸の圧迫感

2012.7.12に右胸全摘手術をしました。

2週間の入院中に傷が痛いということはありませんでした。
脇のドレンの刺さってる部分が痛かったけど。

胸の圧迫感もこの頃は無かった。

しかし、退院して3日目くらいから
急激に右胸全体の強い圧迫感を感じるようになります。

ネットで調べるとかなりの人が悩んでいました。
「胸に鉄板を入れられてるような」
「胸を大きいクリックではさんでるような」

まさにそうです。

私は大変不安になり
退院後1週間目の診察時に主治医に聞きました。
主治医は「傷が治っていくときに引きつります、
しばらく続けどよくなります」と言いました。

しかし、ネットで見ると長い間苦しんでる人は多いようです。
全摘の人に激しく現れるようです。

今、手術後2ヶ月たちました。
あまり圧迫感は変わっていません。

傷の引き連れだとはっきり感じるときもあります。
また脇の傷辺りがすごく硬くなって
引きつって痛い感じのときも多い。

最初はこの症状で眠れなかった。
今は症状が変わったわけじゃないけど
慣れてしまって
眠れるようになった。

なので気長に様子見。

傷のテープ療法

手術後の傷を少しでも目立ちにくくするためのテープ療法。

退院後2週間目くらいから
自宅ではじめます。

3日に一回貼りかえる。


サージカルテープと言うのを使います。

6ヶ月は続けるそうです。

最初は自分でやるのが怖くて怖くて。
最近はもう慣れました。
貼ってあるほうが保護されてる感じで落ち着きます。

3面鏡をこのために購入。
家人が寝静まった後に自分で貼りかえる様にしています。

病理結果

2012.08.24

2012.7.12に切除された私の乳がんの
病理結果が出ました。

主人と診察を待つ間、気持ちが悪くなるほど緊張しました。

もしも、
最悪の場合はどうしよう。
でもそんなことない・・・
きっと大丈夫。

などと色んな思いが交差しました。

出だ結果は 下記のものです。
クリックすると大きくなります。

左が低リスク、右が高リスクです。
私の場合、リンパ転移数が3と言うのが高リスクでした。

幸いに高リスクが少ないと言えば少ないけど
やはり全身にがん細胞が潜んでいる可能性があるというのは
忘れてはならないようです。

だから
これから抗がん剤を入れて
体に潜む癌をやっつける。
でも同時に私の正常な細胞も傷つく。
やはり大変なことですね。

しかし、やりとおしますよ。

心臓の検査(抗がん剤準備)

2012.08.20

抗がん剤をすることは決定していた。

心臓に負担がかかる薬の場合
影響が強いと危険である。

そのため、前もって心臓のエコーなどをしてもらうために
がん研から紹介された病院へ行ってきました。

エコーを丁寧に見てもらって
心電図、
そしてレントゲンと。

結果も当日に出ましたが
心臓に問題はありませんとのことでした。

安心して
抗がん剤の治療を受けられます。

次は
手術後の採取したがん細胞の診断結果を待ちます。

退院後1週間目の診察

2012.08.01

右胸全摘手術後1週間目の診察。

実は退院後3日目から
切り取られた患部の下に残された筋肉が
治る過程で収縮しはじめたようで
24時間胸に板を入れられたような圧迫感があります。

また、脇の痛み。

夕方に決まって出る微熱。

更に!
一番恐れていたリンパ液が
体内に吸収されずに脇の下に溜まってきている様子。
右側だけプクプク膨らんでるよ。
これは・・・・

針でリンパ液を吸い出す処置をされるんだわ・・・
あーー嫌だなあ・

他の方の体験談を読むと
あまりに溜まっていて発熱がひどかったりすると
それが膿んでいる場合もあって
診察のあと即入院ということがあるようでした。
ごく稀なんでしょうが。

私、リンパ液溜まってるし・・
もしや!
また入院かもと思い
すぐに入院道具を家族が持ってこれるように
コロコロスーツケースにタオルや下着などをセット。

それをみて主人が
「え!即入院なんてあるの!」ってギョッとしておりました。

そんな不安を抱えて
先生の診察を受けました。

胸の圧迫感はまだしばらく続く。
それは個人差があるとのこと。

脇の痛みもリンパ節をごっそり郭清したので
しばらく痛む。

熱もリンパ液が体内に吸収されるときに微熱が出る場合あり。
そのうちでなくなる。

とのこと。

しかし、傷は綺麗にくっついて
ドレンを抜いた傷も綺麗にふさがっているので
順調でしょうとのこと。

あと
傷は溶ける糸で縫われていますが
端っこがちょろんと出ていまして
先生に切っていただきました。

そこでわたしが
「先生、ここにリンパ液が溜まってきちゃってるようになんですが」と
脇の後ろを見せようとすると
先生が「どこ?ここかな?」と
お腹の余分なお肉をつまむんです・・・・ありゃー

「先生。そ、それは・・・デブの私のお腹の肉なんです。
そこじゃなくて
脇の後ろのここが膨らんでプクプクしてるんですが」というと

先生は「あ、これですかー」
「これは、あなたのお肉ですよー
リンパ液は全然溜まってないですよ。
綺麗に吸収されていますね」って
言われて、
くすくすって感じで苦笑されてしまいました。

私、顔が真っ赤になったと思います。
再入院覚悟で
リンパ液の溜まった部分を自己申告したら
それは、なんと私の余ったお肉だったのです。