1回目AC療法後の日々

9月24日に第1回目のAC療法が始まりました。

当日、午後2時から点滴。
自宅に帰ったのが午後5時。
何も無く普通に過ごすが
夜9時ごろからムカムカが始まる。
吐き気止めをすぐに飲んでみる。
でも気持ち悪い。
早々に横になる。
夜中に気持ち悪くて目覚める。

—————————–
9月25日(2日目)
1日中吐き気、
肩から気持ち悪い。
玄米のおかゆにササミとキャベツニンジンなど混ぜて。
少しずつ食べる。
メロンも食べれる。
吐き気はひどいが吐くまでは行かない。

夜ご飯は普通に作って主人に食べてもらう。

食事をするとげっぷとひゃっくりが出て苦しい。

—————————-
9月26日(3日目)
1日中、続く吐き気。
体が重くてふらふらする。
耳が聞こえにくい。
テレビの音が遠くに聞こえる。
立ってるのがつらい。
空腹すぎると吐き気がひどいので
ウィダーインゼリーなど飲む。
午後3時に37.1度の微熱。
 (間違って高熱用のピリナジンを飲んでしまった)
食事をするとげっぷとひゃっくりが出て苦しい。

包丁を持つ手が震えて料理が不可能。
困ったけど、
自分のものだけは何とか色々作ってみた。

—————————-
9月27日(4日目)
朝起きれなくなる。
気持ち悪さと体の倦怠感。
一番吐き気がひどかったかも。
頭痛。
口に白いコケみたいなものができた。
唇が異常に乾くのでリップクリームをずっと塗っている。
食事をするとげっぷとひゃっくりが出て苦しい。
点滴の血管が痛い。
午後また微熱。
 (ここも間違ってピリナジン飲む)
—————————–
9月28日(5日目)
朝起きれない。
吐き気が朝から。
でも吐くことは無く
食べることはできる。

水が何を飲んでも苦くなる。
アルプス天然水も苦い。
水道水は匂いが気になって沸かしても飲めない。
ポカリスェットと
豆乳マンゴーが飲める。

体はふらふらで寝てるしかないくらい体がだるい。
午後また微熱。
 (ここも間違ってピリナジン飲む)

この日、間違って高熱用を飲んでいることに気づいて病院に電話。
37度台だったら手術のときにもらった痛み止めのロキソニンでよいとのこと。
幸い、8個残っていたのでロキソニンに切り替え。

夜になってまた37,3度。
ロキソニン。

————————————
9月29日(6日目)

まだ吐き気がひどい。
起きれなくてベッドに寝ている。
体が重くて歩くのがやっと。

階段もゆっくりあがったりさがったり。
息切れ。

午後37.3度、ロキソニン

—————————————
9月30日(7日目)
息子がお休みで食事など全部やってくれている
なぜか緑色を見ると吐き気がひどくなる。
でもメロンが食べたくてがんばる。
メロンは買ったらすぐに中をくり出して
冷凍。
主人がまな板など殺菌して手にビニール手袋で
全部やってくれた。
冷凍したメロンは吐き気がひどくても
食べれるし
食べると気持ち悪さが半減、
美味しく食べれた。
夜37.2度 ロキソニン

—————————————
10月1日(8日目)
朝、少し吐き気がおさまってる。
ひどいときの80パーセントくらい。
ベッドに起きて調べものしたりできた。
午後は起き上がっていられた。
抗がん剤を入れて8日目にようやく少し楽になった。
耳も聞こえるようになって
歩くのも少し楽になっている。
食欲も有る。

——————————————
10月2日(10日目)
この日は1日起きていられた。
吐き気は50パーセント。
空腹感にならなければ大丈夫そう。
ベッドに倒れこむことなく色々とできた。

—————————————-
10月3日(11日目)
私が楽になったと同時に
愛犬鉄が不調。
お腹が痛そうなので
朝病院へ。
点滴して帰宅.

夜、マスクして隣の駅の西友まで行ってみた。
一人で行けた!
やっと体が楽になったと思った。

——————————————
10月4日(12日目)

吐き気はあるがかなり楽。
熱も出ない。
翌日は手術の主治医の術後3ヶ月の診察のため
体力つけようと少し散歩。

食事も普通の食べれる。

———————————————
10月5日(13日目)

午後1番に診察のため
国際展示場駅へ急ぐ。
早めについて採血。

結果が出るまで1時間かかるので
病院のレストランで食事。
鶏肉のトマト煮とパンとレモンティー
久々の外食。
すごく美味しくいただけました!

診察も問題なく。
間違えて飲んでしまったピルナジンを
処方してもらった。助かったー!

同じ主治医のおばあちゃんと仲待合室でお話したら
同じ駅に住んでることがわかって
色々話し込む。
おばあちゃんは左胸の乳がんを温存手術していて
しれが10年以上前なのに今になって肺に転移がわかった。
一人で来られてて帰りが心配。
一緒に帰ってきた。
化学治療になるそうだが、副作用に耐えられるか心配されてた。
「がんばって長生きしてください」とお話したが
反対に励まされる私。
おばあちゃん。今度会いましょうね。

—————————————
10月6日(14日目)

脱毛が始まっている。
手ですくとするっと抜ける。
でもまだひどくは無い。

しかし、朝から頭痛。
肩も痛い。

午後から37.1 ロキソニン
37.8 ロキソニン
夜中には38.3度。

夜中からこれは白毛球が減っているため
何かの感染症になったと思った。

口の中が急に口内炎と歯肉炎がひどくなって
食事が難しくなる。

夜中の熱が38.5度になったので
抗生物質セフボドキを飲み始める。
しかし、その後39度まで上がってしまう。

3時間後37.5度。ロキソニン。
朝方36.8度。

————————————
10月7日 (15日目)

朝所用で主人とどうしても行きたかった池袋。
熱が下がったところで決行。
用事を済ませた3時間後に
38.3度の熱。寒気。
昼ご飯の時間だったので広島お好み焼き屋に入って
暖まる。
そこで熱はかり、抗生物質とロキソニン。

美味しそうなお好み焼きを目の前にして
さすがの私も食べられず。
ゴーヤチャンプルの豚肉を外して食べた。
美味しかった。
そして本屋にも行きたかったのに気力なく
電車に乗って速攻帰る。
電車の中で熱も少し下がってきて楽になったが、
自宅でのんびりしてるうちに
また熱。
38.6度。抗生物質とピリナジン。
夜中.39.2度。ピリナジン。

すごい寒気の後、猛烈に顔が熱くなって
主人にタオル濡らしたのとアイスノンで冷やしてもらう。
頭が破裂しそうだった。
体が痛く、しんどい。

———————————————-
10月8日(15日目)
朝から下痢。
朝の体温は36.5度。
昼38.5度
夕方から39.1 (ピルナジン)

ここであまりの具合の悪さに
がん研に電話。

祝日当番の女医さんと話す。
まだ抗生物質3日目なので
もう1日様子見て大丈夫とのこと。
しかし、9日の白血球検査は絶対にしないといけないので
もし熱でこれない場合は
近所の病院で見てもらうように言われる。
近所の病院とは
乳がんを発見してくれた病院である。
そちらの病院にもそのむね電話で確認。
紹介状が事前に通っているなら
明日来院しても大丈夫とのこと。

安心して寝る。
しかし、熱が39.3まで上がってしまった。

口内炎悪化。
口の中が痛くて熱い。

—————————————
10月9日(16日目)

朝、38.3度、ロキソニン。

近所の病院へタクシーで行く。
その日、私の担当の先生はお休みで
なんだか冷たい先生があたった。
本来ならがん研で手術をしたんだから
具合が悪くてもあちらへ行ったほうが安全だとか
乳腺の医師は二人しかいないから
夜はいなくて
救急で来ても、最初から色々聞かれるとか
なんだかんだ。
私のためだとか言うが
明らかに不服そう。

じゃあ、あの病院で乳がんの手術をしていたら
夜中に具合が悪くなったらどうしてたんだろう。
結構大きい病院なのに・・・

ここで
「じゃ、今からがん研に行きます」と
頭に来た私が立ち上がると
「診ますよ。でもがん研でちゃんと説明されてますね?」とか
いいながら、まあ血液検査をして
白血球が半分まで下がっていたので
グランという注射をしてもらった。

なんだか頭にきて、お腹もすいて
病院にできた新しいレストランで
お魚定食食べて
それでも足らないので
化学療法の部屋の前の抗がん剤の説明書やらを
一杯もらって帰ったのでした。

いつものあの先生がいたら
こんな嫌な思いはしなかったのに。

参りました。

自宅に帰って少しずつ熱も下がって
夜は37度。

しかし、グランの注射のせいで
腰と背中の下のほうが気持ち悪い痛さが出てきた。

夜寝ても
腰が痛くて
悪夢ばかり。

手術してから上を向いて寝るしかできない私は寝返りもできず
うつらうつらとしてた。

でも、注射のおかげで
白血球が作られているんだと
思いながら寝た。

——————————————

10月10日(17日目)

熱は37度3分くらいで落ち着く。
抗生物質とロキソニンでなんとか。

食欲も出た。
相変わらず口の中がひどい。
抗がん剤の前にもらってあるうがい薬と
口内炎の薬をちゃんと使用していても
やはりなってしまった口内炎。
ひどい人は喉まで腫れて水も飲めなくなるらしく。
抗がん剤の続行が不可能になる場合もあるらしい。

次回はなんとかもっとならないように何か
ないのかな。

相変わらず腰と背中が痛くて変な感じ。

高熱があった3日間は
お風呂に入れなかったので
久しぶりに入った。

脱毛がすごくて
いつまでシャワーで流したらこの髪の毛が流れるのが
止まるのかわからない。
無限の時間。
ごっそり、髪の毛が抜けてる。
あがって洗面所でブラシをかけると
さらに
ばっさばっさ。
わーーーすっごいな。

くるとは思ってたけどね。
でもこんなの吐き気に比べたら全然平気なんです。

———————————————–
10月11日(18日目)

この日も体温は37度以上に上がらず。
体もずいぶん楽になった。

しかし、髪の毛が抜けるので
前日から髪の毛飛散防止のキャップをかぶって
その上から帽子。
うぉー。すっかりガン患者になってしまいました。

でも。回覧板があったので
毛つきネットの上に帽子かぶって
お隣の奥さんに見せに行った。
奥さんは最近私がずっと篭っていたので
すごく心配してた。
で髪の毛、わからないよーと言ってくれた。

この日の夜、
再び、すっごい脱毛。
ほとんど抜けてしまって。
あははと鏡を見て深夜に一人で笑う私。

かつらもあるし!
問題なし。

———————————————-
10月12日(19日目)

調子よく、用事で池袋に出かけた。
久しぶりに熱も36.9くらいで
のんびり歩く。
ロフトに行って手帳を買って。
今度の抗がん剤のときように
水筒も買った。
今度は氷水を持っていこう。
この水筒は片手で使えるからいいんだー!

夜はお風呂に入ったけど
残った髪の毛、抜けるのを処理するのが面倒で
洗わずキャップかぶったまま。
その上に綿の帽子かぶって寝ました。

食欲はあって
池袋西武のデパ地下で
おこわとお魚などの和食弁当を買って帰り。
完食できました。

————————————————
10月13日(20日目)

体調は良いです。
口内炎だけがまだ辛いけど。

しかし、
やっと元気になってきたら
15日が2回目のAC療法の日です。

早いな。
15日は
カツラで行くの決定です。
早く起きて用意しないとね。

さーがんばろう。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ