私の乳癌とアトピー

私はもともと生後3ヶ月から
ひどいアトピーでした。

可愛い盛りに頭の中にもできたアトピーのせいで
丸坊主の赤ちゃんで
男の子に間違われてた。

小学校時代は手足に包帯巻いて学校に通う日々。
プールの塩素でアトピーが爆発するので
水泳禁止。

思春期になるとアトピーは首や胸にも広がって
痒みで眠れない日が続く。
その頃から体をかきむしって
掻き壊すようになってた。

実はその頃、右胸の
まさに私の癌ができた部分はひどく掻き怖し
浸出液が出て、
それでも掻いて、
そしてステロイドを塗って。
痒みが収まってもすぐにまた痒くなる。
その繰り返しで
いつの間にか右の乳首は陥没してしまった。

そのせいで
子供が生まれても右の乳首は
赤子に吸えない状態で
左胸のみ吸わせてあげてた。
でも右胸も乳が溜まって張るので
必死で絞ったりしてた。

子供がもう乳を必要としない時期になっても
右胸は時々乳が滲んだり張ったりしていた。

子供は一人。
私の右胸の乳首は陥没したまま、
月日が過ぎ、
アトピーであることは変わりなく、
痒みでずっと苦労してきた。

今年、3月の終わりに
やかんを取ろうとして
右手を伸ばしたとき
脇と右胸がピシッと痛んだ。

心配になって
胸を鏡で見ると
陥没が少しひどくなってる気がした。
そして
右胸の下の方に
1センチくらいの長さで3本の引きつれが見えた。

そこで
ネットで調べるわたし。

出てきた結論、
「乳腺炎か乳癌」

ちょうど、アトピーの一番ひどかった部分に
癌ができていた。

前からあった胸の陥没が
癌を見つけるのを遅らせていた。

がん研の主治医も
「ちょっと胸のアトピー跡があったから
自分で見つけにくい場所です」と言っていた。

アトピーの掻き壊した部分にできた乳癌。

脇と胸が、ぴりっと痛んだのは
あの日だけだった。

あの日、重いやかんを持って
違和感がなかったら、
きっと今も何も思わずに
暮らしている気がします。

———————–
ランキングに参加しています。
クリック応援どうぞよろしく。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

3回目AC療法、1週間伸ばしに。

2回目のAC療法点滴が10月15日。
本当なら
3回目は11月5日の予定でした。

10月29日白血球がドンだけ下がってるかの
診察。

朝、9時が採血の予約だが
ちょうど朝のラッシュと重なるのが嫌で
始発の次、5時24分の電車に乗り
病院目指しました。
やはりその早い時間はさすがに人も少なく
電車は全部座れ、楽チン。

が、病院の駅に着いたのが6時40分。

まだ真っ暗。

病院の入り口は7時に開きます。
なのでホームのあったかい場所で
ショールを膝に巻いて少し待ちました。

7時きっかりに病院に入る人、結構いました。

そして
知らなかったけど早めに採血の場所に行くと
番号札をくれて
8時15分からその番号で受付してくれるんですね。
その時間に採血を終えたら
結果も速く出るので
思ったより早く診察室に呼ばれました。

優しい先生です。
よかった・・・
2週間分の説明をして
様々な副作用を説明。
特に口の中の口内炎の話。
先生が私の口の中を見て
「うむ、、これはちょっとひどいですね。
食事できにくいでしょう。
このままでいったら
抗がん剤の治療を中止したり
入院したりってことが出てきそうです。
あと、軽い膀胱炎、熱。切れ痔とか、
倦怠感とかかなり強い副作用ですね。
吐いてはいないけど、吐き気もひどいですね。
今日の尿検査では血液が混ざっていますし。
(まだ量は少ないが)
なので辛かったら抗がん剤の量を減らしましょうか?」

との話をされました。

「え!減らすとどうなるんでしょう?」と私。

「そうですね、やはり効果が弱まるということは考えられます」  と先生。

「じゃあ、減らさないでいいです。耐えます」  と私。

「でもこの口内炎のまま次の点滴したら
悪化して食事取れない状態になりそうですよ。
その結果、入院もありうるし、
どうします?減らしましょうか?」  と先生。

「うむむ。先生、私がんばりますのでそのままの量でいいです」 と私。

「え、だいじょうぶですか?
うーむ、じゃあ、口内炎が良くなって
体調がもう少し良くなるように
次回抗がん剤を1週間伸ばしましょう」 と先生が言われ
やむなく、次回は11月12日に変更になりました。

自分ではなんとか耐えて乗り切った副作用ですが
吐かない以外の症状はかなり強いものが出てるらしいです。
粘膜系が特に強く副作用が出てしまって
いきなり切れ痔、口中口内炎、口の横もがばっと切れちゃうし・・・
尿に血液が混じってるのも、気になるしなと言っておられました。
(この血が混ざってるってことよく聞かないで帰ってきたので
次回詳しく聞いてきます。)

そんなこんなで
下がった白血球をあげるグランの注射をしてもらい、

先生に、いっぱいお願いして
切れ痔の薬からうがい薬から
口内炎の薬、熱の薬、抗生物質。。。
たっくさん、薬をもらって
安心して帰宅しました。

診察のとき先生がパソコンでカルテに
「抗がん剤減らすように薦めるも
本人拒否、1週間伸ばす」と書かれるのが
見えました。

まだ、耐えられてるのに
量を減らして効果が弱まるというのは
やはり受け入れられませんでした。
副作用は少し楽になるらしいけど。
自分の考えで減らすの拒否したこと、
少し怖くはありますが
なんとかがんばりたいです。

3回目の副作用がもっと強くなって
耐えられないと思ったら
また先生に相談しようと思います。

今は、
まだがんばりたいと思います。

2回のAC療法を終えた今の私の状態は
時々出る微熱、
稀に出る高熱。
口内炎が痛いので食べにくい。
脱毛(ほとんど毛がなくなった)、
足の先がぼわんとして歩きにくい、
手術跡がすっごくつっぱって
脇と背中がつれるように痛む。
味覚異常で何を食べても飲んでも
苦い。
爪が段々黒くなってひびができてもろくなってる。
爪が浮きそうな予感。
目の下に黒いクマができてなんかすごい顔。
体重はAC開始から4キロ減。
手首と足首から先が
なんだか黒くなってきた。
点滴用の静脈が痛くて気になるときは
すごく気になる。
耳がすごく聞こえにくい。
包丁とか使いにくい。

まあ、こんな感じですが
自宅で仕事なので
なんとか耐えられています。

家族も友人も
「よくがんばってる」と
私の様子を見て言ってくれるので
負けるわけにはいかないです。
まだまだくじけないです。

あと1週間、
もう少し体重を戻して
口内炎を治して、
次回抗がん剤に向けてがんばります!

ランキングに参加しました。
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

AC療法2回目の経過( 15日目から21日目まで)

次回AC療法の時に読む返すための記録

10月29日(15日目)
朝、36.6
病院へ白血球の検査。
下がってるのでグランを注射。
口内炎があまりにもひどいので
次回抗がん剤を1週間遅らせることになった。
夜になって腰や背中に激痛。
ロキソニン飲んでやっと寝る
(抗生物質は口内炎ひどいので飲む)

10月30日(16日目)
朝から前日のグラン注射の副作用で
背中とか痛い。
ロキソニンでなんとか。
熱は無し。
切れ痔の薬も使用したら
かなり楽になった。
(抗生物質は飲む)

10月31日(17日目)
朝37.4 ロキソニン
食欲が出てきた。
口内炎が口の中全体にできていたのが
この日4分の3に。
左端で食べれるように。
(抗生物質は飲む)

11月1日(18日目)
朝、37.7 ピリナジン
すぐにさがって.36.5
それからは上がらない。
更に口内炎が改善。
口の中の半分になった。
沁みて食べれなかったみかんが
久しぶりに食べれた。
(抗生物質は飲む)

11月2日(19日目)
なぜか、朝から体がぶつけてもないのに
ひざの内側とか痛くてロキソニン飲んだ。

爪が更に黒い、
足の爪の横が
急にささくれてそれが痛い。

でも、口内炎がかなり楽。
歯磨きも楽になった。
(抗生物質は飲む)
体の痛みが無ければほぼ正常な体調。

11月3日(20日目)
熱無し。
薬飲まない。
夜になって足の先が
ぼわーんと麻痺した感覚で
歩くのがしんどい、
ちょっと横になったりした。
足がだるいという感じ。
口内炎は90パーセント良くなった。

11月4日(21日目)

——-
まとめ。
抗がん剤投与御3週間目。
口内炎がかなりひどくて
食事が大変だった。
なので診察で抗がん剤の時期を1週間遅らせることに。

なんとか口内炎を防止したい。
うがい、歯磨きはすごく気をつけてやってるし
栄養も取れている。
抗がん剤投与中に氷を口に含む方法は
自分が寝て点滴受けてるのでできていない。
またトイレにすぐに行きたくなりそうで
それもあってできてない。
でも他の方のブログではかなり効果がありそうに思う。

次回の抗がん剤まであと1週間猶予がある。
落ちた体重を戻すべく少したくさん食べて
体力をつけようとおもう。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

私の癒し。

今抗がん剤治療治療中で
かなり体力も落ち
ほとんど自宅から出ない私です。

私の場合、主人の自営を自宅で手伝う仕事なので
副作用が辛くても家で横になったりできます。
なんとかやっていけています。

副作用、私よりも強く出てても
お仕事を休めないで出勤される方のお話を聞くと
本当に副作用のもっと軽い抗がん剤が
一般的に使用できるように
研究されてほしいと切に願います。

さて
前から私は
「パピヨン鉄子とさぶろーブログ」
という愛犬のブログを綴ってきました。
もともとは私が最後まで自宅介護した父とその愛犬のブログでした。
父が亡くなった後、ブログを見てくださっていたからの応援もあって
私が引き継ぎ更新してきたものです。

かなり、この愛犬のブログは
私の楽しみでもあり癒しでもあり、
また生きがいともなっていました。

今はこうやって自分の病気のことも
このブログで記録していっていますが。

愛犬ブログはまた別の意味で
大事なものです。

そのブログのわんこは「鉄子」と言います。
現在11歳の女子。
我が家の癒し犬です。

この子のお世話は
1回目の副作用の強いときかなり難しかった。
でも、それで鉄子が私の不調をわがことのように感じてしまい
体調を崩しました。

なので2回目の副作用のときは
がんばって、鉄子のお世話をしたのですが
それは、大変だったけど
私を癒すことであるのだと
はっきり感じました。

温かい鉄子の体を抱いているだけで
自分の副作用の辛さが
ゆるく解ける感じもありました。
お腹の痛いとき
楽になりました。

白血球の減る時期に
爪で引っかかれたり
犬の唾液、糞尿のばい菌を気をつけないといけないですが。
できるだけ、一緒に過ごしました。

人間の子供と同じに
私を癒してくれます。

これは昨日のハロウィンのブログ記事用の写真です。
http://sabu.tetuko.com/?eid=1210

妄想狂の私と一緒にコスプレを嫌がりもせず
一緒に遊びながら撮影にもカメラ目線をくれるワンコでございます。

一応シンデレラのつもりです。

見ていただきありがとうございます。

ランキング参加しています。応援いただけたら幸いです。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ