副作用予防の抗生物質追加

AC3回目の11月12日に診察してくださった医師が
「前、2回とも高熱でたり口内炎がびっしりできたりで
副作用強いですね。
量を減らすのをしないということであれば
今回から、点滴8日目から8日間この抗生物質を追加で
飲んでください」

と言われました。

シプロキサン錠200mgです。

熱が無くても8日目から8日間。
しかし、途中で熱が出てきたら
セフポドキスムプロキセチル錠へ切り替えます。

またシプロキサンとロキソニンは一緒に服用は禁止。

プリナジンは良いそうですが
まあ、ピリナジンを飲むほどの熱が出たら
セフポドキに切り替えです。

シプロキサン19日から1日3回飲み始めました。
今のところ、前2回で出た熱が出ていません。
効いているようです。

口内炎も
点滴中に氷を舐め続けたおかげだと思いますが
症状は出てるものの
軽くすんでいます。

このまま、口内炎が軽いまま収まってくれるといいなあ。。。

氷の方法を教えてもらってよかったです。

ただ氷をたくさんなめると
トイレの近い私は
点滴途中行きたくなるのがなあ・・・、
点滴針が異常に怖い私、
手を動かせないから点滴つけたままトイレに行けるようになるのが
今度の目標です。
ちょっとがんばってみようと思います。
いつまでも怖がってたらだめだー
ほんとどんだけこわがりか・・・情けないです。

確かドセタキセルのほうが
点滴時間長かったと思うし。

怖がりを少しずつ克服しないといけないですね。

がんばろっと!

(応援クリックどうぞよろしく)
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ