AC療法最終後。自宅で倒れる。

昨日、10日、AC最終日でした。
やはりラッシュにかかるため、主人と早朝に出発。

国際展示場の駅に着いたときはうっすら明るく。


主人が「Crescent Moon」だと言いました。
明け方の空に消えかけながらも
薄く光っている三日月。

またローソンでお弁当買って病院へ。

時計は6時50分。
ロビーのテーブルあたりには数人人がいます。
皆早いです。
お見舞いの人も時間を待ってるんです。

私たちもお弁当食べて
しばし散策。

中庭は草が枯れてきて冬の景色。
でも、とっても落ち着くテラスです。

7時15分になったら自動受付機に並ぶ。

そしてまたまた1番札。

採血も早くに終わり、
9時半には診察室へ呼び出し。

今回は白血球も上がり、熱も無し。
問題なく、点滴OKが出ました。
なんとかやり終えたい気持ちだったので
ほっとしました。

ACTの席が空くまで
コンビニで本見たり。

そして呼び出しが入ったら
氷を買って口内炎対策の用意。

そして
綺麗なツリーを見て心を落ち着かせる。

AC最後の点滴。
赤い抗がん剤も最後。
これで終了と思うと感慨深かった。

だけど、やはり途中から朦朧と気持ち悪くなる。
私の場合、テレビも音楽も本もだめで、点滴中気持ち悪くなる。
唯一、気持ち悪さを軽減してくれるのは友人のメール。
今回もたくさんメールありがとう。
助かりました。

無事、1時間を氷で口内冷やしながら
トイレも我慢できて終了。

帰り何故か気持ちも体も落ち着いてたので
主人とワシントンホテルのバイキングで昼食をしました。

そして帰り、新宿で愛犬用の服を買ったりして
家に帰りました。

すごく楽な気がしてたのだけど
家の着くと体から抗がん剤のにおいの汗。
まだ体がふらついてなかったので
風呂に入りました。
きもちよかった。

普通にご飯作って食べて。

少しの吐き気はドンペリドンで収まり。

歯磨きとうがいをして寝ようと思ったのが12時半。

2階から洗面所に降り、
洗面所のドアを開けようとしたとき
目の前が真っ暗になって
倒れてしまいました。
ここの記憶はありません。

息子がちょうどトイレに行って
出たら、私が倒れこんでいたのをみつけて
主人を呼んで
大騒ぎになってしまいました。

幸い、すぐ回復して
頭も打ってなかったので
ほっとしました。

私は大体高血圧で、普段薬を飲んでいるのですが
抗がん剤始まってから
血圧の薬を飲むと気持ちが悪くなるので
しばらく中止していました。
主治医には報告して血圧見ながら用心してたのです。
昨日は抗がん剤の点滴で血圧が急変しちゃったのかと思います。
血圧の方の病院にも今度行って相談してこようと思います。
副作用が収まったら行かなきゃ!

しかし、息子がトイレに来ていて助かった・・・

家の中で倒れる。
風呂場で倒れる。
高血圧の私だから
もっと自分で気をつけなければいけないです。

今日は、もうそのような血圧の急変も無く
過ごせています。

ただ、手術の傷がすごく突っ張って痛い、
口から抗がん剤の味?と匂い。
味覚障害。
吐き気。
足の痺れが出ています。

でも大丈夫。
がんばれます。

にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ