ドセタキセルでの脱毛

2012年9月24日のAC療法初回点滴後
約2週間頃から1週間かけて
ほとんどの髪の毛が抜けました。

最後のAC療法の頃、
頭のてっぺんとかつるつるで、
一部ほわーっとうっすら毛が残っていました。
蜘蛛の巣に頭を引っ掛けたみたいな
感じだったと思います。
中途半端で丸坊主にしたいなあって
いつも思っていました。

その頃まで私はかっこうつけてて
家族には見せたくなくて必死で頭を隠しておりました。
ほんとに必死でした。
特に主人には見られたくなかったです。

が、最後のACの点滴の日の夜、
洗面所で倒れてしまったんですね。

倒れながらも帽子を気にするあほな私。

その時、帽子は脱げてなかったけど
隠すことの限界を感じでました。

倒れてしまったとき
救急車とか呼ばすにすんだけど
もし呼ぶ状態だったら
頭脱げちゃったかもしれないしなあと思っていました。

そして救急車で運ばれたら
胸も見られるし・・・
まだ主人に見てもらってなかったなあ、
救急車の人に傷のことを主人が聞かれて
「何もわからない」って言うのもなんかなあ・・・
とか、そんなことを倒れたことで
思い始めていました。

倒れた後、自然に落ち着き
主人と色々気をつけなきゃとか
話し合いました。
そのときに
「倒れたとき帽子脱げたかと思った」という私に
主人が「平気だから帽子脱いでみろ、
隠してるほうが疲れるでしょう」というのでした。

それで、
本当は嫌だったんですが
思い切って帽子脱ぎましたよ。

主人に「笑うなよ」と釘を刺して。

まあ、こんな深刻な副作用で笑うことはしない主人ですけど。
笑ってもらったほうが楽かもしれないなあって思って
「笑っていいよ」とか言いながら
ちょっとずつ帽子脱いで見せましたよ。

主人は中途半端に残ってるのを
切ってやろうかと言いました。
そして、ずっとやりたかった丸刈りを
主人にやってもらいました。
ついでに、手術後隠し通してた胸の大きい傷も
見せておきました。
これで隠してたことはなくなりまして
気持ちが楽になりました。
自宅で倒れた日の夜のことです。
そんなことも無ければ
ずっと頭隠し続けるのに必死になってたと思います。
ただ、25歳の息子には
この脱毛した頭は見せないでおこうと思います。
でも、いつも「頭の毛どうなってきた?」と聞いてくれています。

そんなこんなで主人に丸坊主にしてもらった頭でしたが
その後、ドセ療法までにかなり伸びました。
抜けた毛穴からも7ミリくらいの毛が伸びて
鏡で見るとびっしり密生し始めていました。

「やった!
生えたよ!」ってうれしかったんですけど。

しかし、ドセの1回目点滴から2週間たったあたりに
頭皮がいきなり痛くなって
そして激しい痒みが出て
せっかく生えてきた毛が抜けはじめました。
ドセで完璧抜けるとは聞いていたので
とうとう来たか!って感じでした。

眉毛もほとんどなくなってきました。

最初の脱毛のときは、まだ毛が長かったし
お風呂場での処理が大変だった。
まあ、今回はそんなこともないので
ほとんど気にしないですみます。

まつげはまだかろうじて残ってます。
今後、まつげも全部無くなるのかな?
私は大きくて縁の太いメガネなので
眉毛もまつげもなくなっても
目立たないかもしれないし
自宅での仕事なので
無くてもいい。

でもお仕事につかれてる方は
いろいろそういった面でも
大変でしょう。

いつかはきっと戻ってくる毛達。
今はなくなってるけど
復活の日は絶対にやってくる。

髪の毛無くてもウィッグあるし。
いろんな髪型楽しめるし!って。
今はそんな風に
前向きに考えられるようになりました。

まだまだいろんなことが起きるかもしれない。
でもくじけないで
きっと頑張って生きたいと思います。

よろしかったら応援クリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

術後6ヶ月検査結果と出会い

1月11日は術後6ヶ月検査の結果を聞きに行く日でした。
が体調不良で無理。
なので18日に変更。

それもひどい下痢で行けるか行けないかと
もやもやしながら様子見。

前夜、なんとか行けるんじゃないかと決心して
病院に行く用意をしました。
そして、翌日ほとんど同じ時間に
ブログにコメントくださるめざましさんが
ドセ1回目と知り急遽、お会いすることに。

出掛けの電車が遅れて病院の診察にぎりぎり飛び込んだ私。
受付と同時に中待合へ呼ばれてました。
しかし、しばし、待ち時間有り。
先生への質問など考えてた。

そしてM先生と久々ご挨拶。
ニコニコと
「6ヶ月後の検査結果は問題なしでしたよ」
と笑顔の先生でした。
いろいろと副作用の話などしたり
今後のことなどお聞きして、
次回3ヵ月後の予約。
またしばらく手術の主治医とは会わないようです。

そんなこんなしてるうちに
めざさしさんから「もうすぐ病院に着きます」とメール。
image1

緊張しまくりの私はどきどき。
なんたって飼ってる犬のオフ会も度胸なくて
行けたこともないくらいなんです。

いつも明るいコメントで私たちの心を
和ませてくださるめざましさんは
すっごく明るく元気な方でした!
副作用も少なくて本当に同じ病気かな?って
思うくらい。

そしてその日、私は診察だけのお気楽気分、
めざましさんはドセ1回目で緊張されるはずなのに
まったくそんな様子もなく。
この立場が逆だったら私はとても
めざましさんみたいに余裕なかったと思います。
すごいな!めざましさん。

私よりずっとお若いのに
しっかりしてて
私の血液検査を見て
いろいろと教えてくださいました。
ありがとう。

めざさしさんの予定にあわせてあちこち座って
お話しましたが
話題は尽きず時間はあっという間に過ぎていきました。

お昼はがん研のレストランで。
私は残念ながらまだお腹が駄目でおかゆ定食でした。

私はこのブログをはじめたとき
病院名やそれとわかる写真は伏せようかどうか
かなり迷ったのですが
あえて明らかにしました。

違う病院の方もたくさんアドバイスなど
コメントくださいました。
そしてそのうち同じ病院に通う方とも
情報交換などできるようになりました。
とても心強く、助かっています。

そして今回初めてですが
同じ病院で同じ病の方とお会いできたわけです。

めざましさんは私の愛犬のブログも見てくださってるのですが
愛犬鉄子を気に入ってくださり
そんなお話もできてうれしかったー
150
このような不思議なご縁でお会いするようになりましたが
今後ともどうぞよろしく。

みなさんの治療が終わったら
めざましさんがオフ会を企画してくださるそうです。
(プロフィールに私のアドレスありますので)
image2
お仕事柄美味しいお店情報などもばっちりのめざましさんの
企画なのですごく楽しみですね。

がんばって
抗がん剤治療をやり終えましょう。

このような出会いに恵まれまして
ブログをはじめてよかったと心から思いました。

(その後のめざましさんからの
ご連絡によりますと
めざましさんはまたドセでの気になる副作用はまだ
出ていないそうです。
すごい!めざましさん。)

よろしかったクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

ドセタキセルの副作用

前回日記から
かなり日付がたってしまいました。
少し副作用が辛かったのと
なんだか頭がぼんやりしてるためかと思います。

1月7日に初回ドセタキセルを受け
その日の夜から顔が腫れて赤くなりました。
まぶたとかも腫れてしまって
目が開かなくなりました。
足先がびりびりと電気が走ったような痺れが来ました。

初回からひどく症状が出るのはあまりないそうで、
ちょっと困ったなあって感じです。

そして点滴3日目から下痢が始まりました。
便秘にかたむく場合のほうが多いそうですが
私はひどい下痢症状を起こしまして
食事もまともに取れない状態となってしまいました。

熱は37度3分くらいでしたので
抗生物質を早くに飲みはじめ、
お腹も病院で出された整腸剤を飲みました。
下痢を止めるために腸の動きを止める薬は強すぎで
かえってひどい便秘になるので
飲めないでいました。
異常に激しい下痢になったら飲むとは思っていましたが。

最初はお湯をほんの少し飲んだだけで
左の腹部が急激に痛み
トイレに駆け込むという感じでした。
電気あんかをお腹に乗せて
うんうん言ってベッドで寝てるしかなかった4日間。
味覚異常も激しくなって
唯一食べれるのはおかゆと梅干。
おうどん。
それもほんのちょっと。

でも、、、体重は減ってない。
おかしいなあ・・

1週間後の1月15日に白血球の検査に行かなくては
いけなかったのですが
お腹具合はまだ悪いままの状態で病院に向かいました。

ちょうど東京に雪が降った翌日。
何か食べるとお腹痛くなるのはわかってたので
朝何も食べず電車に乗りました。
寒かったー

148

そして
病院に着いたのは7時前。
コンビニで買うようなものは食べられないので
おかゆ持参。
それもこんな少し。
149

雪が凍った日。
通院をやめた方が多いのか
午前中人が少なく、早くに診察も受けられました。

「今回の下痢はやはり薬の副作用であり
これがあまりひどければ
次回の抗がん剤の量を減らさないと
体力が持たない場合が有る、」と先生。

「では量を減らさないで
間隔を1週間伸ばすのはどうか?」の私の質問に

「このドセの場合、3週間おきが良い結果が出るということが
わかってるのであけるのはよくない」と先生。

毎回化学療法の診察してくださる先生は違うので
もしかしたら他の先生は違う話だったかもしれません。

まあ、この激しい下痢の副作用が続くようだったら
私自身、耐えられそうもないので
次回の点滴まで今後のことを考えようと思いました。

白血球は自力で上がりかけてるので
グランの注射は無し。

お腹の善玉菌を増やす整腸剤と
痒みのでた部分に使う塗り薬をもらって帰りました。

激しい下痢に悩んだのは10日間。
おとといあたりから、急におさまって
やっと食欲も出始めています。

他の副作用としては
やはり吐き気。
頭痛。
激しい倦怠感。
それと腰痛。
関節痛は寝込むほどの痛みはなくおさまりました。
目がぼやけて物が良く見えない日が数日続きました。
あと、すごく辛いのは味覚異常が激しくなって
あまりのまずさに、食べれるものが少なくなっています。
ACのときよりひどくて
カレーさえ、本来の味を
感じなくなってきてしまいました。
今はすっぱいものが本当の味として感じられるのですが
他のものは絶対にありえない味に感じて食べられません。
そして匂いがしなくなってきました。
レモン切っても匂いがしないです。
でもレモンは美味しい。
蜂蜜かけて食べています。

そんなこんなでまた来週、ドセの点滴の日が
やってきます。
その日の体調で、無理に点滴しないで
伸ばすのもやむをえないと思っています。

あと3回、何とか終わらせたいです。

でもきっと大丈夫。
ACのときも1回目が一番ひどくて参ったのを覚えています。
次回のドセはきっときっと問題なくできると信じて。
またがんばりますね!

よろしかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

ドセタキセル療法第1回

7日がドセタキセル療法第1回目でした。

また朝早い時間のためラッシュと重なるので
始発の次の5時24分発の電車に乗って主人と出かけました。

142
(まだ暗い病院の前、右端完全武装の主人)

採血も2番札で8時20分に終了。
そして診察室の前でしばし待つ。

今日から新しい抗がん剤ってことで朝から緊張気味で
早速下痢してました。
なんて気が弱いんだろう・・・

血圧も148だ・・・高いなあ。

化学療法の先生の診察を受ける。
白血球は上がっていて問題なし。
ただ、AC療法での心臓の負担がかなり高くなってる数値が出てるので
無理しないようにとのこと。
でも許容範囲らしい。

そして、とうとうドキタキセル点滴の準備。
ATCに受付表を出す。
今日が初回ということで
薬剤師の先生の説明があった。

その時に口内炎がACのときはひどかったが
点滴中の氷服用で改善されてる気がするという話をしたら
確かにそういう効果は認められてる、
そして爪や末端の皮膚への影響も
軽減されるとのこと。
もうすでに、AC療法で足の爪も黒くて
手のほうはかなり爪が後退して来て小さくなってる。
右手の親指は特に痛みも有るから
私にとっては深刻問題だった。

そのように冷やす簡易的なものを
ナースさんに言ったら貸してくださるとも聞きました。

その話を聞いたあと、席が空いたらしいのですが
氷を買いに行く時間がほしかったので
呼び出しにしてもらい、
1階で待機しました。

私の場合、アルコールがだめなので
アルコール無しでの点適の用意となるので
少し時間がかかって呼び出しがかかりました。

足を冷やすでかいアイスノンを1個持って来てたので
手を冷やすものを借りられると知り
氷は2個買いました。

ATCに戻り、座席に座り、ドセのアレルギー反応の説明を聞き
心拍数と血圧の検査。
ここでめっちゃ緊張の私は
血圧がなんと180!!
ちょっと休憩しましょう、深呼吸してねと
優しいナースさんに付き添ってもらい
心を落ち着けてからの針の装着となりました。

私はAC第1回で気を失う寸前の脳貧血起こしたので
点滴も椅子をほとんど寝かしてやってもらってます。
針も手の甲の一番下、太い血管が出てる部分でしか
刺せないのです。
他でも刺せるかもしれないけど
私の、気の小ささでここなら大丈夫と思っていて
他でまた刺さらなかったら脳貧血起こすって
思い込んでいるんで
「この太いところでお願いします」と
いつも同じ場所でやってもらっています。
だから余計に血管痛がでるのもわかってるんですけど
どうしようもありません。

そして最初の5分が吐き気、浮腫、アレルギー防止の点滴。
その次、1時間が生理食塩液+ドセタキセルの点滴になります。

143

足をアイスのンで冷やします。
ナースさんが足の先を上下、両方から冷やしたほうが言いといって
ゴムでとめてくださりました。

146

(その場で写真撮れなかったので自宅で再現。
鉄子ナースが覗きに来ました。
ちょっと動くと外れそうな感じになってました)

144

そして手の指はこんな感じの防水の紙に凍らせた保冷剤が入ってる
簡易ミトンのようなものです。
この日、患者さんが多かったので保冷剤が不足。
普通は小さいのを2枚中に入れてその間に
指を挟むらしいのです。
なので自分で指にあたる部分を変えたりしておりました。

左手はこのまま動かせず。
右手は舐める氷を取るときにミトンから出すという感じでやりました。

次回は自分でこんな感じのものを
銀色の保冷シートで作って持って行こうと思います。
お借りした保冷剤は1時間持っていました。

あと大きい足用のアイスノンも2個を持っていけば、もっと大丈夫そうです。
冷凍庫も言ったら貸してくれそうでしたから
診察をまつ間。冷やしててもらおうと考えています。

147
(鉄子ナースが2個を上と下に置けばいいんだよ!と得意そうに教えてくれました)

ナースさんの話だと、医療用アイスグローブ、がん研でも
導入予定だそうです。
早くそうなるといいですね。

点滴ルームは暖かいけど、さすがに足など冷やしながら
氷を舐めまくってるんで
おトイレ近い私は、30分でもう限界になりました。

とうとう今まで1回もできなかった
点滴針つけたままのトイレに初挑戦。
予測して、ウェストがゴムのユルユルズボンで来て正解だった。

右手だけでなんとかこなせまして
無事席に戻れました!
やったー、こんなことがうれしかった。
ちびらないように次回からは途中で行くことにしました。
思いっきり口の中冷やせますしね。

あとナースさんが言っておられましたが
冷やすとき抗がん剤点滴30分前からと
抗がん剤終わって1時間くらい冷やし続けると
尚良いとのことでした。
でも今の体制だとまだ無理そうですね。
でも参考になりました。

なんだか、ACより長い気がしたドセ1回目。

抗がん剤の匂いが強い部屋で
時々ラベンダーの香りが漂います。
抗がん剤の匂いがだめな方の為に
ラベンダーの香りがかすかに漂うようにされてるらしい。
「時をかける少女」を思い出す私でした。

アレルギーもなく無事に終え
食欲も合ったので
ワシントンホテルでまた五目中華そばセットを食べて帰りました。
美味しいですよー

145

そして自宅に戻って
夜、8時くらいから
まぶたが腫れ始め、
顔が赤く腫れて太った顔が更にふくれまして・・・
熱が7度5分。
少し吐き気。

やはりな・・・
私は副作用に好かれやすいんですね。
でもACに比べたら、耐えられるような辛さです。
まだ関節痛は出てないんですけど。
出たらロキソニンがたくさん処方されていたので
飲むことにしてますが。
どうなりますやら。
そして11日の主治医の診察日(4日の検査の結果を聞く日)は
どうも体調的に無理そうな気がしています。
前日か当日早く電話で変更したらよいそうです。
結果を聞くのが延びるということのなりますが
しかたないです。
聞くのが怖いってのもありますし。

まあ、無理しないで
成り行きで行こうと思っています。

こんな感じで
長い長いドセ1回目の1日が終わりました。
そして費用はACより高かった・・がーんでした。
まあ、仕方ないんでしょうが・・・

また次回は冷やすものなど自分なりに準備して行こうと思います。
めざましさん、YUKOさんのアドバイスとっても役に立ちました。
またがんばりますね。

(よろしかったらクリックお願いします)
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

手術後6ヶ月検診

新しい年を迎えました。
みなさん、昨年はお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、4日
今年初の病院に行ってきました。
手術後6ヵ月後の検診のためです。
昼間も寒く、風も強いので
カツラが飛ぶんじゃないかと恐れました。

午後3時半のエコー予約でしたが
早めに主人と家を出て
病院前のワシントンホテル20階
マダムシェンロンで昼食食べました。
五目焼きそばなど食べたんですが
すごく美味しかったです。
眺めの良い窓辺で病院も端っこに見えて。
晴れていたので富士山も見えました。

そしてカモメが窓近くを
浮かぶように飛んで行きました。
感動しました。
こんな高さまで飛ぶんだ!すごいな。

しばしゆっくりして
病院に行きました。

やはり病院はじめの日。
すごい込みようでした。
座るところがないくらい。
108
(エレベーターホールのお正月風景)

主人と全然関係ないところまで移動して座ってました。

今日の検査は
血液検査、
胸部立位レントゲン。
あと、胸の超音波検査。
でした。

診察がないから前開きの下着ではなくていいなと思ったので
半そでの薄いTシャツを下に着ていきました。
胸のレントゲンのとき、
ブラを外し、そのTシャツ1枚で
レントゲン撮れましたので
正解でした。

ここまで早く終ってしまったので
2時間半も超音波まで時間があいてしまった。
診察はあるていど早く血液検査の結果が出たら
早まるように思ってましたが
検査は時間厳守でした。
ま、あれだけ人がいるので
機械の検査は予約変更も、難しいし
当然ですね。

140
(2階の奥のほうにある絵です。なんだか好きで良く見に行きます。)

主人は本を読む。
私は友人にメールしたり
転寝したりしてのんびりしました。

109
3時に主人におやつを買ってもらいました。
美味しかった。
普段は乳製品控えてるので
生クリームが異常に美味しく感じられます。

110

この部屋は前に「リンパ節穿刺の超音波検査」の痛い検査した部屋。
今日の検査は痛くもないのに思い出した。
奥の部屋から目に涙溜めた人が出てくる。
あの検査したんだなあってわかる。

そしてすぐに私も呼ばれて
胸の超音波。
まだ右腕が完全に上に伸ばしきれないので
ちょっと脇とかバリバリと
裂けそうでした。
手術したほうの胸は割と早く終わり
残ってる左胸は長く検査されました。
アトピーで乳首が少し痒いとか
前から陥没気味とか言いながら
診て貰ったんですが
画面に何か映ってるんじゃないかと
やはりいい気分はしなかったですね。

でも暗くなる前に検査を終え、
主人とまた新宿あたりを散歩して
晩御飯も食べて帰りました。
しばらく家にこもってたので
楽しかったー

この日の検査結果は11日。

でも7日に抗がん剤点滴なので
11日に副作用で動けなかったら
変更してもらうしかないです。

7日からはじまるドセタキセル
が副作用が小さいことを信じて!

また今年もがんばろう。
みなさんと共に、がんばっていきますので
どうぞよろしくお願いします。

141
我が家の癒しワンコ、鉄子です。

よろしかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ