ドセタキセル療法第1回

7日がドセタキセル療法第1回目でした。

また朝早い時間のためラッシュと重なるので
始発の次の5時24分発の電車に乗って主人と出かけました。

142
(まだ暗い病院の前、右端完全武装の主人)

採血も2番札で8時20分に終了。
そして診察室の前でしばし待つ。

今日から新しい抗がん剤ってことで朝から緊張気味で
早速下痢してました。
なんて気が弱いんだろう・・・

血圧も148だ・・・高いなあ。

化学療法の先生の診察を受ける。
白血球は上がっていて問題なし。
ただ、AC療法での心臓の負担がかなり高くなってる数値が出てるので
無理しないようにとのこと。
でも許容範囲らしい。

そして、とうとうドキタキセル点滴の準備。
ATCに受付表を出す。
今日が初回ということで
薬剤師の先生の説明があった。

その時に口内炎がACのときはひどかったが
点滴中の氷服用で改善されてる気がするという話をしたら
確かにそういう効果は認められてる、
そして爪や末端の皮膚への影響も
軽減されるとのこと。
もうすでに、AC療法で足の爪も黒くて
手のほうはかなり爪が後退して来て小さくなってる。
右手の親指は特に痛みも有るから
私にとっては深刻問題だった。

そのように冷やす簡易的なものを
ナースさんに言ったら貸してくださるとも聞きました。

その話を聞いたあと、席が空いたらしいのですが
氷を買いに行く時間がほしかったので
呼び出しにしてもらい、
1階で待機しました。

私の場合、アルコールがだめなので
アルコール無しでの点適の用意となるので
少し時間がかかって呼び出しがかかりました。

足を冷やすでかいアイスノンを1個持って来てたので
手を冷やすものを借りられると知り
氷は2個買いました。

ATCに戻り、座席に座り、ドセのアレルギー反応の説明を聞き
心拍数と血圧の検査。
ここでめっちゃ緊張の私は
血圧がなんと180!!
ちょっと休憩しましょう、深呼吸してねと
優しいナースさんに付き添ってもらい
心を落ち着けてからの針の装着となりました。

私はAC第1回で気を失う寸前の脳貧血起こしたので
点滴も椅子をほとんど寝かしてやってもらってます。
針も手の甲の一番下、太い血管が出てる部分でしか
刺せないのです。
他でも刺せるかもしれないけど
私の、気の小ささでここなら大丈夫と思っていて
他でまた刺さらなかったら脳貧血起こすって
思い込んでいるんで
「この太いところでお願いします」と
いつも同じ場所でやってもらっています。
だから余計に血管痛がでるのもわかってるんですけど
どうしようもありません。

そして最初の5分が吐き気、浮腫、アレルギー防止の点滴。
その次、1時間が生理食塩液+ドセタキセルの点滴になります。

143

足をアイスのンで冷やします。
ナースさんが足の先を上下、両方から冷やしたほうが言いといって
ゴムでとめてくださりました。

146

(その場で写真撮れなかったので自宅で再現。
鉄子ナースが覗きに来ました。
ちょっと動くと外れそうな感じになってました)

144

そして手の指はこんな感じの防水の紙に凍らせた保冷剤が入ってる
簡易ミトンのようなものです。
この日、患者さんが多かったので保冷剤が不足。
普通は小さいのを2枚中に入れてその間に
指を挟むらしいのです。
なので自分で指にあたる部分を変えたりしておりました。

左手はこのまま動かせず。
右手は舐める氷を取るときにミトンから出すという感じでやりました。

次回は自分でこんな感じのものを
銀色の保冷シートで作って持って行こうと思います。
お借りした保冷剤は1時間持っていました。

あと大きい足用のアイスノンも2個を持っていけば、もっと大丈夫そうです。
冷凍庫も言ったら貸してくれそうでしたから
診察をまつ間。冷やしててもらおうと考えています。

147
(鉄子ナースが2個を上と下に置けばいいんだよ!と得意そうに教えてくれました)

ナースさんの話だと、医療用アイスグローブ、がん研でも
導入予定だそうです。
早くそうなるといいですね。

点滴ルームは暖かいけど、さすがに足など冷やしながら
氷を舐めまくってるんで
おトイレ近い私は、30分でもう限界になりました。

とうとう今まで1回もできなかった
点滴針つけたままのトイレに初挑戦。
予測して、ウェストがゴムのユルユルズボンで来て正解だった。

右手だけでなんとかこなせまして
無事席に戻れました!
やったー、こんなことがうれしかった。
ちびらないように次回からは途中で行くことにしました。
思いっきり口の中冷やせますしね。

あとナースさんが言っておられましたが
冷やすとき抗がん剤点滴30分前からと
抗がん剤終わって1時間くらい冷やし続けると
尚良いとのことでした。
でも今の体制だとまだ無理そうですね。
でも参考になりました。

なんだか、ACより長い気がしたドセ1回目。

抗がん剤の匂いが強い部屋で
時々ラベンダーの香りが漂います。
抗がん剤の匂いがだめな方の為に
ラベンダーの香りがかすかに漂うようにされてるらしい。
「時をかける少女」を思い出す私でした。

アレルギーもなく無事に終え
食欲も合ったので
ワシントンホテルでまた五目中華そばセットを食べて帰りました。
美味しいですよー

145

そして自宅に戻って
夜、8時くらいから
まぶたが腫れ始め、
顔が赤く腫れて太った顔が更にふくれまして・・・
熱が7度5分。
少し吐き気。

やはりな・・・
私は副作用に好かれやすいんですね。
でもACに比べたら、耐えられるような辛さです。
まだ関節痛は出てないんですけど。
出たらロキソニンがたくさん処方されていたので
飲むことにしてますが。
どうなりますやら。
そして11日の主治医の診察日(4日の検査の結果を聞く日)は
どうも体調的に無理そうな気がしています。
前日か当日早く電話で変更したらよいそうです。
結果を聞くのが延びるということのなりますが
しかたないです。
聞くのが怖いってのもありますし。

まあ、無理しないで
成り行きで行こうと思っています。

こんな感じで
長い長いドセ1回目の1日が終わりました。
そして費用はACより高かった・・がーんでした。
まあ、仕方ないんでしょうが・・・

また次回は冷やすものなど自分なりに準備して行こうと思います。
めざましさん、YUKOさんのアドバイスとっても役に立ちました。
またがんばりますね。

(よろしかったらクリックお願いします)
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ