ドセ終了。最後の副作用で、救急へ。

3月25日ドセタキセル療法、最終日。

病院の横の通用門。
春のお花が植えられて
雰囲気が良いゲートをくぐる。

今日で最後!
177

診察時、診察室に入るとき、足がよろけてしまう。
診察医がそれを見て「かなり足の状態悪いですね」という。
「あまり足がひどいようだったらこれ以上の抗がん剤は
やめたほうがいい場合があります。
最後のドセで足が更にひどくなるかもしれないし
あなたの場合心臓への負担の大きさも血液検査で
出てきてるし。
足の状態はいつから?
でもここまでやってきたんですしね・・・」
の様な感じのお話になりました。

私も足のことはもう、悩んでたけれど
ここまでやって、ここで中止は嫌だと思っていたので
「とにかく最後まで受けさせてください、
副作用は我慢します。
そして足の痺れなどの薬を出してもらえたらうれしいです」
と最後のドセを受ける意志を伝えました。

医師はしばらく血液検査の紙を見て
「そうですか、その他の項目は問題ない。では量も減らさなくて
耐えられますか?」と聞いてくださいました。

私は強がって「はい」

というちょっと自分の気持ちで
突っ走る感の強い流れでしたが
とにかくドセを途中で打ち切りたくなくて
強行突破しました。

心配してくださった先生には感謝しています。

最後のドセの点滴。
これで終わりだーと
思いながらもいつもどおり
途中で気持ち悪くなる私でした。
アレルギーでなるのではなく
きっと気が弱いからだと思いますね。
たくさんの友人のメールが届き
それに気持ち悪さを救われながら
1時間を過ごし
昨年9月24日から始まったAC、そしてドセ、終了です。
179

毎回、メガネを外して
リクライニングシートも寝かして
一番太い血管に針を入れてもらってた。
ずっとここから。

よく耐えた!
私の血管。
途中痛かったけど、ドセになってから
痛まなくなったので幸いだった。
でも、ほんと血管、ありがとう。
180

そして主人と新宿で食事。
ドセ3回目から4週開けても
消えなかった副作用。
味覚異常も残ったまま点滴を受けました。
その夜から味覚異常が更に強く現れるのはわかっていたので
新宿すずやで思いっきりとんかつ食べたら
地元の駅でお腹痛くなったあほな私でした。

そして鼻血なども出しながらも
まあまあ、普通の3日間をおかゆで様子見しながら過ごす。

が!
5日目の金曜日の朝、それはやってきました。
最後のドセの強烈副作用の嵐。
平和な3日間は少し便秘気味だったので
半分の量のマグネシウムを2回だけ飲んだ。
それが私にはきつかったのか、
金曜日の朝、お腹の激痛。
「これは腸ねん転?救急車か」と思うほど。
そして手足が急激に冷たくなって白くなって、
猛烈吐き気。
お腹の中を出さないと駄目と思ってトイレに座るも
激痛と吐き気でどうしたらいいかわからない。
そしていきなり目の前が真っ白になって
気を失ってました。
でもすぐに戻ってまた激痛と嘔吐の嵐。
トイレの床に横になって耐える。
この繰り返しの末、ひどい下痢をしました。
全く腸が動いてないって感じでした。
その後、トイレの前に敷かれた布団から
半日動けなくなりました。
水分を補給しようと飲んだお茶をまた嘔吐。
お茶が腸に落ちていくだけで激痛。
薬も飲めなくなり。
更に38.5度の熱が。。。
その後、寝たまま目が回るというが
もうろうとして耳は聞こえないし
気持ち悪くて。
木曜日の昼からおかゆも食べれていなかったので
吐くものないのに吐き気が止まらない。
吐き気止めも飲み込めない。
こんなことになったのは初めてでした。
でも一晩、うつらうつらして過ごす。
土曜の朝、またほとんど同じ状態でトイレとベッドの往復。
更に増す朦朧感。

とうとう夕方心配になってがん研に電話。
当直医に「そちらに行ってよいか?」と相談。
当直医は詳しく聞いてくれて
「副作用だけどそのお腹は急を要すから近所の救急に行って欲しい」と。

不安で慣れたがん研に行きたい私は
かなり粘ってみたけど
結局、近所の救急に行くことになりました。

でも行きたくなくてまたベッドに横たわる私。
しかし、また激痛ともうろうとしてきて
とうとう主人に救急に連れていかれました。

救急でお腹のエコー、レントゲン。
血液検査。
結果、抗がん剤の影響で腸が完全に動きを止めてる。
なので便が出れなくて激痛を起こした。
気を失ったのはその異常事態から体を守るために起きた?だったかな。
激しく嘔吐したため、胃腸が炎症起こして
水も飲めない状態になってる。
で、舌がジャーキーみたいに乾燥して
脱水状態になってる。
脱水症状が朦朧感を引き起こしてしまった。
とのことでした。

大量の水分を点滴。
およそ2時間。

そしたらかなり頭もすっきりして
友人にもメールできるまでになってました。
ま、最後の副作用としてふさわしく
私の体を激しく襲ったドセタキセル。
数日点滴に通い、今日からおかゆが食べれるまでに回復しました。
しかし私の今までの副作用はちょっと強く出すぎなので
他の方の参考にはならないです。
一緒に同じ抗がん剤を受けてきた友人には
このような状態は出ていません。
みなさん、それぞれの症状で
大変だったと思うのですが
うまく対応されて
救急にいくようなことにはなってないのです。

なのでこれは私の副作用の記憶として
ここに綴ってるだけで
これから同じ療法をされる方が
これを見て怖がったりされないことを望みます。

最後の最後まで抗がん剤の副作用に泣いた私でしたが
全部やりきったことは
自分でもがんばったー!と思っています。

みなさん、お騒がせしました。

足の不調に関してはまた別に書いていきたいと思います。
(足の不調も同じ抗がん剤を受けてる友人には
しびれやだる重感はあるとのことですが
私のような変な症状は起きてないので
私の体がほんとうに抗がん剤ドセに弱かったと思っています。
なので参考にはならない記事になると思いますが)

そしてこのようなショックからか
いつまで甘えてるんだって自分でがんばったせいか
ステロイドによるうつっぽいものはほとんど消えてしまいました。
最後の抗がん剤でもステロイドを使ったので
また出るかと思っていたのですが
もう大丈夫だと思います。

気分はすっかり明るくなってます。
足の事も困ってるけど
悩んでるって言うより「ふーんこんなになったけど
どうにかしてやるわ」みたいな感じに変化。
家の中で訓練開始しています。

あのステロイドのうつはどこに行ったやら~
お気楽でへらへらののんきなやつに逆戻り。

うつっぽいときは
せかせかして
せっかちに暗いメールを友人にしたり、
一人で訳も無く泣いてたりして。
今では信じられません。

ご迷惑かけた方々、本当に申しわけありません。
もうすっかり、気持ちは元気になりました。

よろしかったら
クリックしてやってください。励みになります。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 乳がん

明日は最終ドセです。

2012年9月24日から始まった抗がん剤治療。
合計8クールの最後の点滴が明日となりました。

ACでは吐き気と高熱に悩みました。
先生が副作用が少ないといわれた方のドセで
かなり体にダメージを受けたわたしでした。

いまだ副作用残るままですが
明日、最後のドセの点滴を受けてきます。

ドセの途中からうつにもなり
足が不自由になって
挫折しそうな私を家族や友人が
支えてくれました。

やり遂げたいという思いは強いのに
体がついてこない、
そして辛い、
症状の辛さに消極的な考えに陥る私、
病院仲間のめざましさん、YUKOさん、チェンリーさん、
いつもくじけそうな私に
がん研仲間として適切なアドバイスを
メールしてくださりありがとうございました。
教えてもらわなかったら
わからなかった情報ばかりでした。
明日もみなさんのアドバイスいただいたことを
先生に相談したりしてきます。

またたくさん、コメントくださった方々
いつも応援くださって
ありがとうございました。

そしていつも愚痴を聞いてくれた友人、ありがとう。
鉄子ブログの読者さんもいつも応援してくださってありがとう。

また、いつも、私の点滴に付き添い、
副作用でぼろぼろの私の面倒を見てくれた主人へ。
ありがとう。一緒に辛い思いをさせてしまいましたね。
おかげで最後まで抗がん剤を
やりとおすことができました。

そして、副作用の強かった日、いつも癒してくれた
ナース鉄子。
176
おかあさんを支えてくれてありがとうね。

明日、最後のドセの点滴をがんばって受けてきますね!

みなさんへ感謝の気持ちを込めて。

応援クリック、よろしかったらお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 乳がん

最終ドセ1週間延ばしと今の副作用

本当は3月18日が最終ドセの日でしたが
体調不良が続くため
自分の判断でまた1週間延ばしました。
一応18日は血液検査の為に病院に行ってきました。

171

国際展示場駅の入り口、特徴的な窓。
鳩がたくさんいます。

172

左端に鳩が一羽、飛んでいます。

この一瞬前、
たくさんの鳩が飛んでたのですが
携帯写真で追えず・・・
残念なり。
一眼レフを持ってれば撮れたかなあと思いましたが
私の腕では無理でしょうね。

170

病院横の花壇から病棟を望む。
ここが私の入院してたあの懐かしい病室。
あれは7月だったんだなあ。
もう8ヶ月がたちました。

173

また、エレベーターホールのお花。
桜です。

入院患者さんで外に出れない方が
車椅子で見にこられていました。
綺麗でした。

今回はまた腫瘍精神科に行き、
抗うつ剤は合わないので
飲みたくないという話をしました。
副作用が強く出ます。
なので弱い睡眠作用のある薬が出ました。
メラトニンに働きかけるというもの。
不眠が治って夜眠れるようになったら気分も
良くなるのではという先生の予測ですが。
そんな風でもない気がして
やはり薬は飲まないでいます。
ただべらぼうに眠くなるだけだったら
私の場合は寝るだけ寝込んでしまい
現実逃避だけに過ぎないように思えて、
不眠もうつも辛いけどどうしても飲む気になれないのです。
ただ、優しい先生とたくさんお話して
気持ちがほんわか楽になりました。
また次回行って飲まなかったことを伝えて
様子見することを言ってこよう。
先生、ごめんなさい。

もっとお日様に当たったり
外を歩いたり、体の不調を自然に治していかないと。
同じ病院の
友人からのアドバイスもいっぱいもらいました。

そして私の今の副作用で辛いのは
足の不自由さです。
膝から下が痺れて異常に重く
足の付け根が痛くて、歩くとふらついて
転びそうになります。
同じ病院のめざましさんが、病院でサプリが出るはずと教えて
くれたので次回、絶対にもらってきます。

今は晴れた日も長い傘を
杖代わりについて、転ばないように歩いています。
これ、結構楽です。
早くやればよかったー
亡くなった父の遺品の杖がたくさん家にあるけど
男物だし、、ちょっとまだ使えないです。
でも、家の中で使います。

あとはもう、慣れちゃったけど
味覚異常。
前回は3週間が過ぎて今頃味が戻ってたのに
今回は全然戻らないなあ・・・
前回は抗がん剤の前、4日間くらい毎日
美味しいもの求めて外食していたのになあ・・・
まったく残念であります。
せっかく延びた1週間が。。。。
おいしいものたべれなかったーー。

今はうどんだけが美味しく感じます。
それも家で作ったのは駄目で
外食です。
近所に足のリハビリかねて
うどん屋に出かけます。
このへんのうどん屋さん全部まわりましたね。
おかげでおいしいお店も見つけました。
しかーし、うどんは血糖値が上がるので気をつけるように
友人にアドバイス受けたので
これもちょっと控えめにしなきゃです。

そして愛犬ブログの読者さんにいただいた
このみかんのゼリーが美味しいです。
174
175

お昼ごはんが最近全然食欲無くて
食べれないのですが
これはいけました!
酸味とほのかな甘みが味覚異常でもおいしい。
つるっと飲めてすごく良かった。
しばらくお昼ご飯の時に1個いただきました。
みえさん、ありがとうございました。

味覚異常がひどくなりかける時
まだ少しいろいろおかずが食べれる時期があります。
酢の物とか、ポテトサラダ、焼き魚、魚のフライ。
でももう少しひどくなりかけなので
おかずを噛んでいるとひどい味になります。
なので私は味覚異常でも変わらない味のおかゆを
用意して、おかずを噛んで飲み込んだ後
すぐにおかゆを口にひとさじ入れて
口の中に残ったおかずの味を消しました。
そうやると。かんだ後口の中に発生する嫌な味を
あまり感じないで飲み込めます、
そしてかむ時は舌の上を転がさずに
口の端の方の歯で噛むようにします。

前にミキサーで食べ物を粉砕してスープ状にして
太いストローで飲みこんだらどうかと思ってやってみました。
大失敗。
やはり口に味があふれないで飲み込むことは不可能。
余計に気持ち悪くなりました。

最後のドセは来週の月曜日。
いよいよ最後。
ドセで弱りきってしまった体だけど
まだ根性で乗り切れます。

さー
あと1回、がんばりますよー

みなさん、そして友人へ!
弱音を吐いたら
この私をどついてください。

よろしかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 乳がん

ドセ3回で気分の落ち込みについて

11日、気分の落ち込みが治らず
がん研内の腫瘍精神科の診察を受けてきました。

やはり朝一で病院の駅へ。
まぶしいほどの朝の光が
目に飛び込んできました。
すがすがしい思いでした。
167

しかし、この日はすごい強風でまた寒波。
寒いし、病院の前の交差点ではウィッグが飛んじゃいそうな
息もできないほどの風にやられました。
そばを歩いてた細身の年配の女性が風で倒れたので
左手で抱きかかえて
右手は自分のウィッグを押さえて病院に入りました。
なんかすごかったなあ。
足もふらついてたのに
よくあんなことできたと思います。

そして
またまたエレベーターホールのお花。
いつもキレイなので
つい写真とってしまいます。

168

病院の中庭はもう春です。
待合室から見る、この風景が好きで
冬の間、よくここに座っていました。

169

腫瘍精神科の医師は年配の女性で
とても優しい先生でした。
抗がん剤を使い始めたときから
手術のことや
副作用のことなど、
色々と聞いてもらい、
今までに精神科にはかかったことないということ、
かなりの強い副作用が出てることから
それによっての体調不良、体力減退に
抗がん剤で使うステロイドが影響して
軽いうつ状態に陥ってると言う診断だ出ました。

これは、期間が過ぎれば治るうつだそうで
安心しました。
しばらく軽いうつの薬を、それも通常の4分の1飲んで
様子見となりました。
でも・・・
もしかしら薬飲まないでも治るんじゃないかと
思ってまだ薬飲んでいません。
症状の改善がなければ飲むつもりです。

ホルモン剤の使用で気持ちの落ち込みを感じる方は
多いようですが
私のように抗がん剤の段階で
程度の差はあれ気分の落ち込みを
感じる人も意外と多いと医師は言っていました。
今回、乳腺科の医師に相談、
そして腫瘍精神科の医師との話し合い。
薬を飲んでいないけど
かなり気持ちが楽になりました。

辛い気持ちを
理解してくれて
原因を探り、
「治りますよ」と言ってくださった言葉で
とても救われました。
「副作用強く出てるのによくがんばりましたね。」
という言葉もすごくうれしかったです。
子供みたいですが、辛いことをわかってもらって
がんばったことをほめてもらって、
もういない母に頭なでられたような気分でした。

また、がんばっていくよ!って思いました。

今、足がかなり歩行困難になっているのが
少し不安なんですが
晴れれても傘を杖代わりに持って歩こうって考えています。

あと1回のドセを乗り切るために
またがんばります。

よろしかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 乳がん

やはり強い下痢の副作用でた。

前回の日記で「異常な下痢が起きてないので楽」と書きました。

そしたら、なんと
その2時間後にいきなりの腹痛。
朝、おかゆだったのに・・・
それまで全然平気だったのに・・・
まさかの急激な下痢にまたお腹抱えて
トイレとベッドの往復。
吐き気も一緒に来てしまって
ビニール持ったままうろうろ。
お腹にアンカを当てて数時間寝込む。
食事は食べれなくてお粥の汁だけすする。
そんな数日間がやはりありました。

油断したらいけなかったな・・・
と反省。
でも原因になるようなことは何もしてないので
やはりこれが私の体に起きるドセでの反応なのでしょう。

そして毎度の味覚異常はまあ、ひどいです。
でもやっとあきらめもつき
「これも変な味ーわははー」と笑えるようになりました。

味覚異常のときの変な自分なりの食べ方も発見しました。
また今度書きますね。
全然参考にはならない変な話ですけど。

今は下痢は収まって残った副作用は。

味覚異常。
目が見えにくい、
耳が聞こえにくい。
両足首から下がしびれてる。
顔のむくみ。
鼻血。
息切れ。
朦朧感、倦怠感。
皮膚の破れ。
爪のはがれかけ。

こんな感じです。
あと
気持ちの落ち込みはまだ改善していないです。
なんと、このベッドに入ったら
数分で寝てしまう私が
朝の5時まで眠れなくなっています。
今日もそんな感じで起きています。

昼夜逆転というよりも
眠ろうとすると不安感が襲ってくる感があります。
うーむ、
こんなのは今までなったことないですから!

気合入れてもこれは治らないですねー。

月曜日にがん研内の
腫瘍精神科の診察を受けてきます。
ちょっと緊張。

あと、抗がん剤の心臓への負担が強くなっているということで
BNPの数値が上昇しちゃってました。
あと1回のドセ。

もう1回だから
私の体、がんばれ!

絶対に負けないで。

よろしかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
にほんブログ村 乳がん