副作用からやっと回復、食事についてなど。

AC療法最後、4回目を受けたのは12月10日でした。

それから今回の副作用は強く出て
昨日12月20日にやっと楽になれました。

何が辛かったかというと、
やはり薬を飲んでも効かない吐き気と
胸を刺すような痛み、
体の痺れが強く出たこと
それと食事を飲み込めない喉や食道の違和感
でした。

今はやっと昨日から吐き気がなくなり、
食事ができるようになったところです。

今回は口の中はねばねばと気持ち悪く
1日中あめ舐めたり、何か飲んだり。
それも味覚異常は今回はなんだか何も味がわからないほどで
飲むのも、すっごく甘いもの欲しました。
ネクターが一番美味しかった。

あと、食事ではほとんどの味は無しで、
砂とかスポンジとかかんでるみたいだったり
泥水とか海水飲んでるみたいだったり。

唯一、「食べたい」と思ったのがカレーでした。

手が震えて包丁もてなかったので
息子が野菜カレーを作ってくれたり、
主人がネパールカレーのお店から
カレーセットを買って来てくれたりしました。
カレーの味はわかり、
体があったまって汗をかいたら
副作用も楽な気がしまして、
今回は何回もカレーを食べました。
体に良い割る胃は別にして
これしか食せなかったという感じでした。
105

昨日からは、やっと食欲も出ていますが
いまだ味が感じられなくて、
自分で味噌汁作っても家族に味見してもらわないと
すごく濃い味になってしまいますね。

最近、卵アレルギーの息子25歳が
私の食事療法を一緒に考えてくれていて
料理などもできるようになってくれました。
その息子は私が乳製品も避け
豆乳などに切り替えるようになっていることから
卵、牛乳、白砂糖は使わない菓子を作り始めました。

大学受験で浪人中、
体中にできるようになったアトピーで
あわや2浪かと思いました。
その頃から卵は一切だめになった息子。
カステラや、シュークリームなども食べられなくなりました。
私も、卵使わない料理をしてきました。

私ががんになってから
家族の食事をも調理するようになった息子は
食べたかった洋菓子が卵無しでもできることを
今回の私が買い込んだ食事の本などで知り
興味がわいたらしく、
オーブンレンジまで買い換え
会社から帰った深夜にお菓子作りに
せっせと励み始めました。

214215
息子作。

マクロビオティックのお菓子です。
優しい甘み、安心安全な材料。
私のがん発覚で食事の大事さに目覚めた理系の堅物息子。
もっと、がんばって美味しいもの作ってください!
と期待しているわがままな母でありました。

よろしかったらクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ

副作用からやっと回復、食事についてなど。” への4件のコメント

  1. こんばんは♪

    やっとやっと辛いAC療法が終わりましたね。
    でも副作用がひどかったみたいですね。

    お菓子が作れる男性なんて、格好いいなぁ。
    それも趣味だというのに、プロみたいな仕上がりです。
    私は食べ物のアレルギーはないですが、玉子を使わないお菓子に興味があります。

  2. 副作用が峠を越えたようで何よりです。これからも何があるか分からないでしょうが、少しずつ回復していくことでしょう。神様や皆様のお力添えがありますよう。息子さんがお助け下さっているようで何よりです。美味しいお菓子を期待していますよ。

  3. ゆんこさん。
    やっとやっと副作用終わって
    楽しいクリスマスを終えることができました。
    色々ありがとうございました。

    息子は私の母親に似たらしくもともと器用なたちで。
    しかし、材料とかにうるさすぎで・・・

    ゆんこさんも是非作ってみてください。
    あの本は結構昔の本なんですが
    ちょっと探してみますね。

  4. リブラさん、いつもご心配かけてすみません。
    今回の強くて長い副作用終わり今ほっとしています。
    確かに私は家族に支えられていますので本当にありがたいことと感謝しています。
    周囲の支えや皆様の励まし無しではきっとへこたれてしまいます。
    これからもがんばります。
    また見守ってやってください。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">