手術当日(2012.7.12)

2012年7月12日

いよいよこの日が来た。
朝食は無し。
水も飲んではだめ。
尿を採る。

家族が来るまで
鉄子ブログ更新。

緑のストライプの手術着に着替えた。

8時に家族が来てくれた。
だんだんと緊張してトイレばかり。

でも、麻酔かけたらすぐに手術が終わると聞いていたので
そのことを思い出し、心を落ち着けた。
ここを乗り越えなければ次へは進めないんだよと。

時間になった。とうとう。いよいよ。

看護士さんに声をかけられ
私は笑顔を作って答える。

このまま、笑って手術室に入ろう。
そう思ったけど
さすがに手術室の大きい扉が迎え入れるように開かれたとき
その前で少し、感傷的になって
主人と息子とかたい握手をした。

そして私の後ろで扉は閉まる。

そこは手術室に入る前の大きいフロア。
なぜかカーレーサーの整備の様子を思い出す。

患者一人に数人のスタッフが付いて
血圧測って、気分を聞いたり落ち着かせたり。

手術室に入る患者が数人いて皆緊張してる。

私も緊張しまくりだったけど
スタッフさんのおかげで倒れないですんだ。

時間になり
手術室へ入る。

その部屋はかなり私がドラマなんかで見てるのと違っていた。
明るく、あたたかく、クラシックがかかっていた。
新しい歯医者さんか
マッサージルームって感じ。

麻酔の技師は若い女性。
きびきびとして。

みんなに支えられ手術台と言うより
あたたかいベッドに横たわる。
足にはふわっと暖められた水枕のようなものがかけられ
背中は乾燥予防と言って何かクリームを塗ってくれた。

「あいこさん、もう一度お名前を言ってください。
そしてどちらの胸を手術するかも」と本人確認。

さーいよいよなんだ。
といきなり緊張MAX。

スタッフさん、それを感じて
たくさん話しかけてくる。

左手に点滴の針。
口に酸素マスク。

そして「麻酔はいりますからね、リラックスしてください」と言われ
「はい」と返事。

その瞬間、周りの音がぼわーんとなって
一瞬で意識がなくなったと思う。

そして
「あいこさん、無事におわりましたよ。
目を開けられますか?」と先生の声で
目覚めたときにはすべてが終わっていた。

その間、4時間近く。

ベッドで病室へ運ばれるのも覚えている。
朦朧としてたけど、エレベーターの音も。

病室には家族が待っていて
私に声をかける。
しばらく私は朦朧としながらも
普通に話してた。

が、少ししたら
急に気持ちが悪くなってきたのだ。

「まさか・・・副作用の吐き気?」と思った一瞬で
猛烈な吐き気に襲われた。

ボタンでナースを呼ぶ。
何回も、何回も。

もう吐くものなんてないのに
苦しくて苦しくて。

主治医も何度も来てくれて
吐き気止めを入れてくれるけど効かない。

おまけに、足にはプカープカーと空気が入ったりしぼんだりする
浮腫防止の器具。
すごく不快感。

更に尿道には管が・・・・
早く取りたかった。

夕方になって、鉄子の面倒のため主人が帰っていった。
(鉄子は息子にだっこさせないのでどうしてもそうなってしまった)

息子が面会時間いっぱいまでいてくれた。
一番辛い吐き気のときも付き添って面倒見てくれた。
売店にティッシュや水を買いに行ってくれたり。
顔を拭いてくれたり。
心配そうにおろおろと見てくれてて
母親として息子にこんな姿を見せて辛かった。
でもいてくれて心強かった。
ありがとうね、と今でも思い出すといってしまう。

夜中もずっと吐き続け、
最後は顔を動かしただけでもうっとなり
ちょっと声を出すだけで吐き気が来て
苦しくてたまらなかった。

1分1分が長く。

そのうち、背中と腰が激痛。
どっちにもまともの寝返れないからか
手術中の体勢で持病のぎっくり腰が出ちゃったのかな。

夜中の3時に入眠剤と吐き気止めをもう一度入れてもらった後
その睡眠効果で朝まで3時間眠った。

6時に目が覚めたとき、
吐き気はほとんどおさまっていたのだった。
辛い夜だったけど
がんばった。

吐き気の方が辛く
傷の痛みなど全く感じなかったし
苦手の点滴も刺さってることすら意識が無かったと思う。

傷口は術後から何度も主治医とナースに確認されていたので
安心していた。

でもまだ自分で
傷を見る気力は無かった。

手術当日(2012.7.12)” への2件のコメント

  1. またまたこんばんわ♪
    思い出したけど私 手術当日の朝
    すっかり禁食禁飲を忘れていて朝ご飯待っていたんだよ
    しかも、ゴクンと水も飲んでいた
    過ぎれば良い思い出だよね
    良くはないか??

    有明はさすが対応が研ぎ澄まされているね
    私との違いがはっきりわかる

  2. タータンさん、大物じゃ!
    そして可愛い。
    ご飯待ってたなんて。

    そうそう、すごれば全部良い想い出だよね。
    私もそう思います。

    有明はがん患者ばかりでそういうケアでは
    やりすぎの面もあるかも。
    タータンさんの病院もいい病院だったよ。
    先生も優しいし、病室も素敵だった(写真で見た)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">