手術翌日

2012.07.13
手術翌日の朝。

ナースに手伝ってもらい
着替えをしました。
手術から戻った私は胸帯とT字帯というすごい格好だった。

まず、尿道に通した管が外れました。
そして胸にタオルを当てて
その上から柔らかいブラをしました。

T字帯は処分。
下着をはいて
病院からのレンタルパジャマを着せてもらいました。

脇に刺さった2本のドレンの先には
体液を溜める袋があり
それを入れて動くために
肩からポシェットをかけました。
可愛いいちご模様のポシェット。
ナースが選んでくれたそうです。

そして一人でトイレに行けるかやってみて
次にナースに付き添われ、
廊下を歩きます。
ふらつかず歩けたので
「もうなんでもしていいですからね」との説明。

「え!もういいの?」と驚きながら
朝食を待ちました。

おかゆが出ました。
3分の1くらいしか食べられなかった。
でも、体に染み渡る美味しさでした。

食後に点滴の針も抜け、更に楽になりました。

でも熱が38度近くあり、やはりだるい感じ。

そこで、前日のことを思い出す。
麻酔の副作用で悪夢のような吐き気の中、
主治医が「残念ですが転移があったので抗がん剤をすることになった」と
言っていた気がしました。

主人に聞くと
「いつ言おうかと思っていたが・・・」と
なんだか私のことを気遣って
少しずつ前日の主治医の話をしてくれました。

そうか・・・
手術の前段階の検査では
転移は認められないってことだったけど
やはり開けてみないとわからないことだったんだ。
抗がん剤か・・・
髪の毛抜けるし、吐き気がひどいらしし。。。
なんだか、気持ちが沈みましたが
暗くなっても仕方ない、
がんばるんだ!って決意をしました。

この日は前日の疲労と
まだ麻酔の影響で
ぼんやり寝たり起きたり。
怖い夢を見たりしていました。

傷はほとんど痛まず、
ただ、脇のリンパ節をごっそりとったので
痺れと違和感がありました。

リンパに転移があったということは
血液を介し全身にがん細胞が到達して
いつか再発、転移する可能性が高くなりました。

これからの生き方、自分の生きる意味、
家族のことたくさん考えないといけません。

夜になると病室の窓に広がる美しい夜景を見ながら
かなり感傷的になったりしていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">